近鉄バス株式会社

近鉄バス研修制度

近鉄バスでは、バス運転未経験者の方や長いブランクのある方も安心して乗務していただけるように、充実の研修制度を用意しています。
また、それぞれの教習で見極めを実施しますので、不安を残したまま次のステップに移ることはありません。

入社から単独乗務までの流れ

STEP 1入 社

 

STEP 2導入教習

3

本社で近鉄バス社員としての基本的な知識を習得していただきます。

主な教習内容
就業規則、運輸安全マネジメントの教育(法令等)
安全運転に関する基本事項(車両の取扱い、事故防止について等)
お客様に気持ちよくご乗車いただけるための接遇
営業関係(運賃の取扱い、各種割引運賃について等)
本社での座学教習①
本社での座学教習①
本社での座学教習②
本社での座学教習②
本社での座学教習③
本社での座学教習③

STEP 3営業所施設内での教習



路上に出る前にバスの操作方法、特性および車両感覚について知っていただくため、まずは営業所の施設内でバスの運転をしていただきます。また、高齢者疑似体験や車椅子のお客様の案内教習も行い、より一人ひとりのお客様に寄り添ったサービス・対応ができるようにします。

主な教習内容
基本運転姿勢、ハンドル操作の確認
死角のミラーの確認方法、オーバーハングについて
異例時の対応方法(お客様の避難訓練等)
高齢者疑似体験
オーバーハング教習
オーバーハング教習
車両に関する教習
車両に関する教習
車椅子のお客様の案内教習
車椅子のお客様の案内教習
高齢者疑似体験①
高齢者疑似体験①
高齢者疑似体験②
高齢者疑似体験②
高齢者疑似体験③
高齢者疑似体験③

STEP 4安全運転訓練車を使用して路上での教習

10

路上に出ても問題ないと判断できれば、安全運転訓練車を使用して、一般道を走行していただきます。安全運転訓練車はアイマークレコーダ−や車両に取り付けられた11台のカメラで安全確認や運転特性の見える化ができるので、運転ごとに教官からフィードバックを実施し、運転技術の向上を図ります。

教習車運転風景(アイマークレコーダ−)
教習車運転風景(アイマークレコーダ−)
運転特性のフィードバック
運転特性のフィードバック
安全運転訓練車
安全運転訓練車

STEP 5営業所に配属後、お客様をお乗せしていないバスでの教習




営業所に配属後、お客様をお乗せしていないバス(空バス)を使用して、運行経路を覚えるとともに、経路上の危険箇所について、主任運転士(指導係)の指導を受けながら走行します。

空バス教習①
空バス教習①
空バス教習②
空バス教習②

STEP 6実務教習

 

お客様をお乗せする営業バスに乗務し、主任運転士(指導係)の指導を受けながら、お客様の案内方について学びます。

営業バスの運転①
営業バスの運転①
営業バスの運転②
営業バスの運転②

STEP 7最終見極め

運行管理者が単独乗務を任せられるか試験を実施します。
不安が残る場合は、実務教習を引き続き実施し、教習生が自信を持って乗務できると思うまで責任を持ってお教えします。

STEP 8単独乗務!

単独乗務開始後も、引き続き階層別教習や運行形態に合わせた教習でフォローをしていきます。

ページの先頭へ