貸切バス事業者安全性評価認定制度について

近鉄バスの貸切バス部門は、公益社団法人日本バス協会から安全性評価認定 SAFETY BUS 三つ星の認定をいただきました。

近鉄バスの貸切バス部門では、公益社団法人日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の評価認定委員会で安全輸送に対する取り組みが優良と認められ、平成23年12月7日(水)に「貸切バス事業者安全性評価認定」をいただき、平成25年9月20日(金)に「SAFETY BUS」(セーフティバス)二つ星を、平成27年9月15日(火)に最高評価となる三つ星の認定をいただきました。

主な評価認定項目は、以下3点になっております。

(1)安全性に対する取り組み状況 (2)事故及び行政処分の状況 (3)安全輸送マネジメントの取り組み状況

認定を受けた事業者の貸切バスには「SAFETY BUS」のシンボルマークが交付されます。
シンボルマークの星の数は初年度の一つ星『☆』からスタートし、2年毎の認定審査を経て、4年後に三つ星『☆☆☆』になることができます。

評価認定制度のシンボルマーク
このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう、安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークです。

近鉄バスでは今後も「安全輸送の確保」を最優先に、ご利用いただくお客様に「安全・安心・快適」なバスの旅をご提供するため、全社一丸となり取り組んでまいります。 貸切バスをご利用の際は「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で最高認定を受けた、近鉄バスの貸切バスをぜひお選びください。

「貸切バス事業者安全性評価認定制度」についての詳細はこちら

(お問い合わせ)
近鉄バス観光営業課
06-6781-0711(9:00~18:00)

このページの先頭へ